現代は、空前の着物ブームと言うことが出来るでしょう。
夏祭りや花火大会でも若い女性が積極的に浴衣を身につけ街を闊歩しています。
また成人式でも振り袖を身につける女性が九割と言っても過言でないでしょう。
こうした人気を背景にネット上でも着物レンタルのサイトを開設し並行して着物の販売をしている所も多くなってきました。
レンタルと販売を並行して行うことで他社との差別化や強みになっているのは言うまでもありません。

着物レンタル・販売を並行して行っているお店の強み

着物レンタル・販売を並行して行っているお店の強み 京都や伊勢神宮など歴史的な観光地や風光明媚なスポットには最近着物レンタルの業者がたくさん開業する様になっています。
着物を身につけて歴史的建造物や自然と一緒に写真を撮ってネットのSNSに投稿することが流行っています。そのことでこうした着物レンタルの進出が目覚ましくなっているのです。
着物と竹林、着物と和菓子、着物と神社仏閣と言った風景の写真はコントラストが美しく皆が注目してその写真を見るようになります。
レンタルで着物を借りれば安く済み、多くの着物姿の写真を撮ってネットにアップできます。
またレンタル業者もレンタルで様々な多くの人の客引きをし、並行して着物の販売をするところも増えています。こうした新たな顧客獲得ができるようになります。

店員さんの知識量が、着物レンタルのみのお店とは違う

店員さんの知識量が、着物レンタルのみのお店とは違う 最近の着物レンタル事情は、一昔前とは異なり、「貸衣装店」だけが取り扱うサービスではなくなりました。
美容室やブライダルサロン、写真館など、様々な利用者のシチュエーションに応じたサービスを付属して、「トータルを1店舗」で済ませることができるサービスが増えています。
例えば、お勧めなのはブライダルサロン、又は美容室内に設置されている着物レンタルです。
イメージ的には「知識量の少ない、未熟な若いスタイリストさんが着物を探せるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、全く真逆です。
着付け取扱美容室の着付師さんは、若くても流行に遅れのない着物レンタルと着付けをよく知っていて、昨今の若年層が興味を持つような、可愛らしい着物や着付けを展開し、広めているのも、若いスタイリストさんたちから発信されています。
着物レンタル店のみのお店の店員さんとは違い、その着物に合う小物や色合い、髪飾りなど、着物と帯の知識だけではなく、美容に関する知識も高い為、彼女達はトータルでコーディネートすることができます。
昨今の美容&着付け師さんはカラーコーディネートや和装着付け師、はたはブライダル専門和装着付け師など、様々な分野に能力を張り巡らせているため、その人に本当に「似合う着物」を選ぶことができると言えます。

街歩き・観光用の着物レンタル

観光用で、温泉街などの街歩き用に着物レンタルを実施するショップがあります。大概、観光用の着物レンタルは、旅行先の温泉街や店の一角で貸し出しサービスを行い、店員に着付けまでしてもらえる老舗店舗などを利用できれば無難ですが、返却するのが面倒だったり、気に入った着物があるとは限りません。こういった場合、街歩き用に着物レンタルを行うネットショップを利用する手段があります。
オンラインの着物レンタルサービスは、観光や旅行用途で着るジャンルの着物も取り扱っているショップもありますが、一般的な貸し出しサイトでも、メールや電話で運営オーナーやスタッフに「観光街を歩くのに似合う着物を借りたい」旨を相談することで、数種類に絞った歩きやすいデザインの着物などを画像付きのメールで提案してもらえるショップもあります。選ぶのが苦手な方や専門知識に自信がない方には適しています。ショップで実地店舗がある場合は、直接訪れることで着付けをして下見可能な店舗もあります。

着物レンタル店は、「動きやすく」などの要望も聞いてくれる

「着物を着る」という時点で、「くるしい、きつい」などのイメージを連想する方も多いのではないでしょうか?緩めると着くずれするし、と悩まれる方も多いと思います。
このサイトでは着物レンタル店の着付師さんがどのような要望を聞いてくれるのか、紹介します。実は着物の着付は、決して「動きやすい」に対して、「緩めて着くずれしやすくなる」というものではありません。まずは着物レンタル時にご自身に合ったサイズの着物を選ぶことが大前提です。ご自身の体格になった着物をしっかり吟味してチョイスしましょう。それが終わったら、プロの着付師さんの出番です。ほとんどの着物レンタル店には、着付け師さんが常駐しています。下着から始まって、特に紐を結んでくれる時には必ず「苦しくないですか?」や「生地が引っ張って動きにくくないですか?」など聞いてくれます。少しでも「きついなぁ、動きにくいなぁ」と感じたら、必ず思っていることを伝えましょう。着物がきつく、動きにくいと、後々胸が悪くなって吐いてしったりなどの体調不良につながるので、動きやすく楽に過ごせるように、事細かに要望を聞いてくれます。
しっかり今の状況を伝え、動きやすく楽な和装スタイルを楽しみましょう。

着物レンタルは予約が必要?

近年の和服ブームによって着物に興味を持ったり、着てみたいという願望をもつ方が増えています。
日本古来の伝統衣装であり、清楚であり凛とした美しさが魅力です。そんな着物は日常生活でなかなか着る機会がないものです。成人式や結婚式のお呼ばれなどで着る際には着物レンタルが良い方法です。着物レンタルの良さは費用を抑えて着ることが出来る、クリーニングや手入れなどがいらない、小物なども一緒に借りられるなどです。そして観光や花火大会などで着物や浴衣を着たい時にもその夢を叶えることができます。成人式など混みあう際には早めに予約することが望ましいです。早めに予約することで好きな柄の着物を確実に借りることが出来るからです。混みあわない際にレンタルする際には予約をせずにその日に行って好きなものを数時間借りることも可能です。そして着付けやヘアセットなどもその場でやってもらえるサービスなどもあるので、それを利用して良き思い出作りをする人も増えています。

着物レンタルの予約の流れ

成人式や卒業式、結婚式など着物を着る機会があった時に着物レンタルという選択肢があります。着物を購入するにはまとまったお金を用意する必要がありますが、着物レンタルであれば購入するよりもリーズナブルな価格で着物を利用することができます。
着物をレンタルするためには事前に予約することが必要です。予約の流れとしては、電話またはインターネットで申込を行います。当日でも空き状況によっては利用できる場合がありますが、前もって予約を取っておいた方が安心です。レンタルをする希望日時を予約時に伝えます。予約を無事取ることができれば当日レンタルショップに来店し、予約した旨を伝えます。お店によってはインターネットからの予約申し込みの時点で着物の柄等の選択をすることができる場合もあります。予約の際に選択しなかった場合は当日実物を見ながら着物を選択します。予約の流れは難しくはないため、誰でも簡単に利用することができます。

冬でも快適に着物レンタルを楽しむための防寒対策について

冬の着物レンタルには、防寒用のオプションが設定されています。気持ちよく観光するには、寒さ対策は必須になります。そのため寒さ対策として、羽織やショールなどの防寒グッズをレンタルすることができます。着物レンタル屋さんの中には、着物に似合うブーツが置いてあるとこともあります。
冬に着物レンタルをする際は、寒いということを前提に利用することが大切です。自分でできる用意できる寒さ対策もあります。一番手軽なのはヒートテックです。上だけでなくレギンスを着用することで、さらに温かく過ごすことが可能になります。さらにカイロを貼ると効果的です。
着物を着ていても、手や足はとても寒いです。そんな時に役立つのが手袋と靴下です。特に冷え性の人は、ひじくらいまである手袋がおすすめです。靴下は五本指ソックスを選んでください。足袋の下に重ねることができる足袋ソックスもあります。着物レンタルをする際は、事前に防寒対策を考えておくことが大切です。

着物レンタル情報サイト

金沢 着物レンタル